それはタイムリミットのある「相続放棄の手続き」です。



万が一、亡くなった方に借金があればその相続人はその借金も引き継ぎます。

よく、夫の借金は妻も返済しなければならないの?とのご相談を受けますが、原則として保証人等になっていない限りその心配はありません。

がしかし、

夫が亡くなってしまうと、これは別問題です。

このケースだと夫の死後、そのことを知ってから3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをしないと、妻は夫の借金を全て背負うことになってしまうのです。

この【相続放棄手続き】と、「遺産は私は要らないから、私以外でみんなで財産を分けてください」という【相続財産の放棄】を同じように考えてらっしゃる方がいますが、とんでもないことです。

いくら身内で「私は遺産を放棄したから」との協議書を作っていても、借金という負の遺産は放棄したことにはなりません。

プラスの遺産も負の遺産も全て放棄します!という趣旨を家庭裁判所に伝えてこそ、借金等の負の遺産からも解放されるのです。

この申立ができる期間も法律で決まっており、原則、続人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内となります。

金融業者によっては。あえて3ヶ月間は督促状等を送らずに、相続放棄が出来なくなった頃合いを見計らって督促状等を送るところもあります。

当事務所では相続放棄手続きを20,000~(別途戸籍、郵送費等実費・別途消費税)承っております。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください。072-270-3455受付時間 9:00-18:00
〔日・祝日除く〕

お問い合せ