会社設立費用が安くなる!?

今までは会社設立といえば「株式会社」がほとんどでした。法人化する目的は千差万別ですが、ここ最近は「株式会社」の一択ではなく、「合同会社(LLC)」の設立も増えてきています。

特に海外の有名企業が合同会社(LLC)を設立している傾向があります。

2019年度、新設法人のうち株式会社が約8万8,000社。合同会社が3万社超。この数字を見ると、日本で設立される会社の約4社に1社は合同会社です。

合同会社は欧米ではメジャーな会社形態の1つですが、

実は合同会社と株式会社を比較すると、税制上のランニングコストや節税対策に大きな違いはありません。

両会社の大きな違いは、まず設立時のコストが変わってきます。

株式会社をご自身で設立するには、

  1. 15万円の登録免許税
  2. 5万円の定款認証手数料
  3. 4万円の定款印紙税

の合計24万円がスタートアップの時点でかかりますが、合同会社の場合は

  1. 6万円の登録免許税
  2. 4万円の定款印紙税

と株式会社の半分以下のコストで設立できます。

  1. 合同会社でスタートしてしまうと、将来にIPOするときに困ったりしない?
  2. 合同会社でスタートしたけど、株式会社に変更できるの?

まずは合同会社で設立して、経営基盤が安定すれば、後に株式会社へ組織変更することも可能です。

合同会社(LLC)に関するご相談、ご質問はお気軽にお問合せください。

合同会社(LCC)設立フルサポートパック

160,000円(税込)

最新情報をチェックしよう!
>A&office 安藤司法書士事務所

A&office 安藤司法書士事務所

当事務所では法律×IT技術の相乗効果(シナジー)をもっと身近に感じていただきたく、新しいカタチのリーガルサービスを創造・ご提供させていただきます。
Tel : 072-270-3455

CTR IMG