登記業務とは司法書士業務の根幹業務ですが、なかなか普段の生活で関わることはありません。

だから、登記とは何だ?という方がほとんどだと思います。

たとえばマイホームを買ったり、不動産を相続したり、そういう場合に私たち司法書士の名前を耳にすると思います。

あとは会社を作ったり、取締役を変更したり、資本金を増やしたりする場合も司法書士の本領発揮です。

しかし、登記というのは最終的な結果であり、どの司法書士が手続きしても登記は完了します。

大切なのは登記にいたるまでのプロセス、つまりどういう法律構成で最終的に登記まで終結させるかということです。

途中のプロセス(法律構成)には税務的な問題や、法的な判断が必要です。

途中のプロセスが間違っていたり、不具合があれば登記はできても、結果的に損をしたり、挙げ句登記をやり直さなければならないこともあります。

途中の法律構成、法的判断は私たちがお手伝いさせていただきます。

お気軽にお問合せください。