簡易裁判所での訴訟代理


平成14年の司法書士法の改正により、訴額140万円以下の簡易裁判所での民事訴訟については弁護士法72条の例外として、法務大臣の認定を受けた司法書士にも訴訟代理権が認められました。

依頼者の代理を受け、原告や被告代理人として法廷にて訴訟業務を行います。

 

裁判書類作成による本人訴訟支援


裁判は自分でやりたいけど書類の準備や書き方が分からない。

そういう場合、司法書士が本人の訴訟を書類作成や準備等でサポートいたします。