親族に遺す「気持ち」

「公正証書遺言」というと、堅くて重々しくて、難しいイメージがあるかもしれません。確かに、「公証役場」とういう場所で「公証人」立会いのもと遺言書が作成され、保管されるため形式的には少し堅苦しいかもしれません。なぜなら、厳正な様式のもと作成される公正証書遺言は、効力のある遺言書なのですから。しかし、決して難しいものではありません。お客様のお気持ちをお伺いして、その内容にできるだけ沿った遺言書を作成するお手伝いをさせていただきます。

お客様に考えていただきたいのは、以下のことです。

 

どの財産」を「誰に」「どれだけ」遺したいか?

 

「誰に感謝の気持ち」を伝えておきたいか?

遺言書を書くというと、縁起のいいものではないと感じられるかもしれません。

しかし、私たちは職業柄、仲の良かったご兄弟姉妹が相続財産の金額を巡って対立し、疎遠になってしまう事案を数多く目にしてきました。

将来に起こりうる無益な争いを、未然に防ぐことに多少の費用をかけることは有意義なお金の使い方だと信じております。

 

是非、まずはご相談だけでもお気軽にお問合せください。

お気軽にお問い合わせください。072-270-3455受付時間 9:00-18:00
〔日・祝日除く〕

お問い合せ