動物についての信託って?

動物の今後のコトを信託するという契約

もし、飼い主である自分に何かあったらこの子はどうなるの?

動物と一緒に 暮らしている人なら一度は頭をよぎったことがある不安だと思います。

もしもの時には知り合いに動物たちのお世話を頼みたいけど…

引き受けてくれる人がいないかもしれない…

遺言書を書いて遺しても、人と違って動物は自分で管理したり消費することができません(当たり前ですが)

このような場合は人の手を借りながら、遺された動物たちのコトを信託する契約を事前に交わしておくことが有効です。

平成18年の信託法の改正により、今まで金融機関にだけ認めらていた「商事信託」意外に「民事信託」が認められました。

このことで柔軟なスキームを組むことができるようになり、動物の今後のコトを信託する契約ができるようになりました。

猫のお世話を1日~数日だけ信託する契約

猫は犬と違って環境が変わることを好まないので、旅行などに連れて行くには難しい動物です。

かといってキャットホテルに預けるのも、いつもと環境が変わってしまうので不安になる猫は多いです。

そんな場合の方法の1つとしてショートの信託契約を結んで、キャットシッターさんに猫のお世話を依頼する方法があります。

キャットシッターとは「ベビーシッターの猫さん版」で、ご自宅にお伺いして猫のご飯などのお世話をするサービスです。

買主さんが旅行なので1日~数日の間、猫のお世話ができないときだけの信託する契約を結ぶことで、より適性な依頼が可能になります。

A&officeでは司法書士事務所がサポートするキャットシッターサービス「Redondo Gato」をご提供しています。

対応地域は現状「大阪府堺市内」のみですが順次拡大していく予定です。

>A&office 公式LINE

A&office 公式LINE