リーガルソリューションパートナー

法律はあなたを守る盾であり、戦うための剣でもある

コンプライアンスをもっと身近に

法律はあなたを守る盾であり、戦うための剣でもある

相続・遺言のご相談専門窓口はこちら

個人再生・任意整理・自己破産

個人再生 裁判所に再生計画が認められると、原則として借金が大幅に減額され、残った借金を3~5年で返済していきます。(最低返済額は100万円~となります) 自己破産と違い一定の条件を満たせば、マイホームを手放さずに、手続きを進めることができる場合があります。 マイカーローンを返済中であっても、一定の条件を満たせばマイカーを手放さずに、手続きを進めることができます。 個人再生が認められた場合の弁済額 […]

自分で書いたイラストが著作権を侵害してる??

SNSやブログ、ホームページの作成の際、色々な「素材」を取寄せて、使用することがあると思います。 その時に気をつけないといけないのは「著作権」です。 著作物といえば、まず小説や文章、イラスト等が頭に浮かぶと思いますが、それらの素材が使用可能(いわゆる著作権フリー素材等)であれば問題ありません。 ここまでは皆さんもよくご存知のお話で、「それぐらい常識でしょ?」と思われる方も多いでしょう。 でも何かの […]

会社設立費用が安くなる!?

今までは会社設立といえば「株式会社」がほとんどでした。法人化する目的は千差万別ですが、ここ最近は「株式会社」の一択ではなく、「合同会社(LLC)」の設立も増えてきています。 特に海外の有名企業が合同会社(LLC)を設立している傾向があります。 2019年度、新設法人のうち株式会社が約8万8,000社。合同会社が3万社超。この数字を見ると、日本で設立される会社の約4社に1社は合同会社です。 合同会社 […]

大阪府休業要請外支援金の専門家による申請書類の事前確認(無料)

新型コロナウィルスの影響による府からの休業要請のなかった事業者(法人・個人事業主)にも6月から支援金が給付されることになりました。 申請手続きの際、専門家による申請書類の事前確認を承っております。 費用はかかかりませんので、お気軽にご相談ください。 タップして電話をかける 9:30~18:00 お電話・メール等にて承ります。 Tel : 072-270-3455

遺言書の費用が安くなる!

ついに自筆証書遺言を法務局に保管できる制度が2020年7月10日から始まります。 これまで公正証書遺言がほとんどでしたが、自筆証書遺言が書きやすくなることは間違いありません。 費用も公正証書遺言の場合より大きく安くなることは間違いありません。 遺言書の敷居が低くなる! 自筆証書遺言だと自分で思い立ったらすぐに書くことができます。 公正証書遺言と違って、他人に証人になってもらう必要もないので、気兼ね […]

相続・遺言のセミナー

大阪狭山市の社会福祉協議会様のご協力をいただき「相続・遺言のセミナー」を無事に終えることができました。これからの社会には必要な情報であり、もっと多くの方に知っていただくことが必要だと再確認しました。ご協力いただいた皆様、ご静聴いただいた皆様、誠にありがとうございました!

外国人の就労について ②

日本で事業の経営ができるビザには大きく分けて 永住者、日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者が一般的ですが、その他に経営・管理ビザというものがあります。 経営・管理ビザとは簡単にいってしまうと、「会社のオーナー」ということです。 じゃあ何でもいいから会社を作ってしまえばいいんだ! というわけではありません。 まず自宅以外に「事業所」を借りる必要があります。 次に従業員を「2人以上雇用」するか、「資 […]

外国人の就労について ①

2019年末時点において、日本国内の在留外国人の数は280万人を超えてます。平成25年で約200万人なので毎年驚異の伸び率です。 そのうち外国人労働者の数は2019年末時点において140万人を超えてます。 私たちの周りでも、ごく普通に在留外国人の方とお仕事する機会も増えてきました。 仕事のできる外国人を社員として雇用したい!! なんてことは今後益々増えてくるでしょう。 そこで今回は「外国人を雇用す […]

生前贈与か?遺言書か?②

だったら生きてる間に贈与しちゃったもん勝ちじゃない? 贈与契約は自由にできるし、相続財産から外してしまえばいいんじゃないの? 確かに贈与は自由ですが、税金リスクと法的リスクが立ちはだかります。 税金リスクは、言わずと知れた「贈与税」ですね。 平均的に40%前後の恐ろしい税金が課せられます。つまりもらった分の半分近くを税金で払わないといけません。(ざっくり言うと半額以下で買ったくらいの感覚ですね) […]

生前贈与か?遺言書か?①

生前に財産の行方を決める方法にはいくつかの方法があります。 代表的なものとしてまず、思いつくのは遺言書を書くという方法。 公正証書遺言の効力は絶大で、この遺言書があれば、銀行も法務局も従わざるを得ません。つまり預貯金の解約・払い戻しや不動産名義の書き換えの際には「この紋所が目に入らぬか!」と水戸黄門の印籠ばりの効力を発します。 しかし、即効性の薬も万能ではありません。 公正証書遺言も万能ではなく、 […]

>A&office 安藤司法書士事務所

A&office 安藤司法書士事務所

当事務所では法律×IT技術の相乗効果(シナジー)をもっと身近に感じていただきたく、新しいカタチのリーガルサービスを創造・ご提供させていただきます。
Tel : 072-270-3455

CTR IMG